JOB KNOWLEDGE 仕事を知る

SCROLL

大成温調の仕事を知る

日々の暮らしの中に「設備」はあるのです

建物を考える上で重要な構成要素は、「構造」「設備」「意匠」です。特に私たちが携わっているのは「設備」の分野です。
例えば空気調和設備。人々が日々暮らしている環境の中で、快適な空間を提供しています。具体的には、温度、湿度、清浄度、気流、CO2濃度などをコントロールしています。また、人に対する環境のみならず、食品加工や精密機械作成の場面で必要な空気条件を作り出しているのも空気調和設備であり、省エネルギーや省CO2技術にも直結する分野です。
さらには給排水衛生設備。飲んだり、顔を洗ったりする時に使う水を衛生的に蛇口まで運んでいるのは給水設備です。そしてトイレや台所、洗濯機や洗面器などから出る排水も周囲に対して衛生的に送り出してあげなければなりません。これが排水設備です。また入浴やシャワーの時、快適な温度のお湯を作り出すのもこの分野なのです。

建築設備工事を知る

映画館の心地よい、静謐な空気を感じたことは?

映画館に足を運ぶと、ある種心地の良い、静謐な空気を感じたことはないでしょうか。そんな空間を作り出しているのも、設備の力です。映画館は、床面積に対して人の密度がとても高い空間と言えます。何もしなければ、とても暑く、息苦しい空間になってしまいます。そうはいっても、騒音の出るような空気の吹き出しでは、せっかくの映画も台無しです。新鮮な空気を取り入れながら、ノズル状の大きな吹き出し口で空気をそのまま送り込むようなつくりになっています。そして、椅子の下に空気の吸い込み口があり、新鮮な空気が行きわたるようなつくりになっているのです。

小さな命を守る

室内を暖める、冷やすといった役割だけが、空調設備ではありません。誕生してすぐの小さな命を、しっかりと守る。新生児室の空間も、設備の力で作り出しています。免疫も備わっておらず、抵抗力もまだない赤ちゃん。感染症などにかからないよう細心の注意が必要です。悪い影響を与えないよう新鮮で清潔な空気を部屋の中に吹き出すためには、密度の濃い高性能フィルタで、細微な埃までもしっかりと除去します。また部屋の中は常に陽圧に保たれており、外部からの空気の流入を防ぐことによって、清潔な空気で作られた室内環境を維持しているのです。

健康づくりにも貢献

皆さんもきっと行かれたことのあるスポーツジム。屋内温水プールは24時間水をろ過するシステムが稼働しています。プールサイドの床面には床暖房が設置されていますが、もしそれがなかったとしたら、冬場には表面がとても冷たくなって歩くのも困難です。フィットネススタジオでは、たくさんの人が一度に体を動かしますので、適度な換気や温度管理が必要です。スパのような施設が一緒になっているところでは、ミストサウナやジャグジーでリラックスしたり…、お湯の温度はもちろん、霧状のお湯を作り出したり、浴槽の中に空気を送り込むシステムも私たちの設備の力が活きているのです。

↑