Interview 社員インタビュー

Profile
西田 航 Koh Nishida営業

東京本店営業統括部

2014年中途入社 國學院大學 文学部 史学科卒

Q1どのような学生生活を送っていましたか

3歳の頃からずっとラグビーをやっていて、大学でもラグビー部で活動していました。練習後に講義を受けていたので、あまり講義内容は覚えていません(笑)。毎日練習の日々でしたが、仲間と過ごした寮生活は楽しかったです。部活以外では部活の仲間、学部の仲間と飲みに行ったり遊びに行ったりで、真面目に勉強したのは試験前くらいでした。

Q2入社の経緯を教えてください

中学、高校のときラグビーでケガをして大井町の病院に入院していたこともあって、なんとなく社名を覚えていました。しかし私の就活時には、大成温調に出会うチャンスがありませんでした。それで住宅設備機器のメーカーに就職したのですが、2年半ほどで退職し、新しい会社を探していたところ大成温調が中途採用で募集していたので応募しました。面接での対応、質問内容から「人」を大切にする会社だという印象をもちました。

社員インタビュー

Q3現在の仕事内容を教えてください

私の所属する部署は官公庁をベースに民間へも広く営業活動を展開しています。私は、官庁では東京都内の自治体等を担当しているほか、ゼネコン、学校関係、工場などの民間の取引先も受け持っています。

Q4仕事はどのように覚えましたか

先輩について、書類の作成、入札時の対応などを一つひとつ学びました。前職が住宅設備だったので多少は知識が活かせるかと思っていましたが、専門用語が多く覚えるのに苦労しました。また私の入社時は、新卒採用の時期と重なっていたため、導入研修は座学で約3ヵ月。営業から工事のことまで先輩社員を講師に、みっちり講義を受けました。

社員インタビュー

Q5今後の課題は何ですか

6年目になりますが、もっと自分で考えて判断することが必要だと思っています。お客さまからの質問や確認事項に対して即答できずに、会社に持ち帰って上司に確認して回答するケースが少なくありません。不安や経験不足の裏返しだと思いますが、そろそろ甘えず、しっかり自立したいです。

Q6仕事の醍醐味は何ですか

営業なので大きな案件を受注できたときは嬉しいですね。また民間でも以前のお客さまを再開拓したり、新規のお客さまに何度も通って提案して、受注につなげていったりすることも達成感があります。また私は受注後も比較的、工事現場に顔を出すタイプで、大きな建築物が建設されていく過程を見ていると、関わっている人間として感慨深いものがあります。

社員インタビュー

Q7「もう辞めたい」と思ったことはありますか

辞めたいと思ったことはありませんが、以前、同じ時期に入札案件が重なり、その書類作成などでとても忙しい日々が続きました。それでも周囲がサポートしてくれたおかげもあり乗りきれました。またトラブルなどでお叱りを受けて落ち込んでいるときも、先輩たちが解決方法をアドバイスしてくれたり、周りに恵まれていると思います。

Q8印象に残っている仕事はありますか

官庁の情報なので詳細は伏せますが、とある自治体の案件で、日本一大きな規模の建物を担当することができました。受注金額もとても大きく、やりがいを感じることができました。

社員インタビュー

Q9職場の雰囲気はどうですか

みんな相談しやすく、いつも助けてもらっています。営業部だけではなく工事部、設計部など垣根を超えて色々な人が相談に乗ってくれる社風があり、とても働きやすいですね。また仕事終わりに飲みに行くこともあり、そんなときは仕事の話だけではなくプライベートの話で盛り上がります。ただし驚異的にお酒が強い先輩がいるので、ペースに巻き込まれないように注意が必要です(笑)。

Q10学生さんにメッセージをお願いします

興味をもったことに何でもチャレンジしてください。ネームバリューや思い込みで判断せずに、少しでも関心をもったら、説明会に参加すると、実は面白い会社だったり、イメージと違ったりすることもあり視野が広がるはずです。

社員インタビュー